ノーチラス電池を交換してもらったけど・・・

Category: 時計
想像していたよりも綺麗でデザインも愛嬌があって気に入ったノーチラス3770/1。
早く使いたくて早速翌日動いてない時計を腕にはめて会社に行く。
昔あった子供のオモチャ時計状態だ。w

ベルトは短いけど使えないレベルではない。でもできれば少し余裕が欲しいのでパテックに駒だけ買えないのか訊いてみた。
回答は駒だけ売らないとのことで残念。
時計ごとパテックに送って付けてもらうことになるそうだ。
この3770のメタルブレスは2タイプあって、中コマがオーバルのものと四角のものとがあり、自分のはオーバルの方だけど在庫はあるのか尋ねたら、あるけどスイス送りで手元に戻るまで約半年かかるとのこと。
3770NewClasplt.jpg
四角の方が新タイプらしい。リューズも金色になってる。でもケースからの1駒目がカッコ悪い。クラスプもコストダウンされてるのが何だかな。
3770_003t.jpg


値段もすごいことになるのかと思いきやそうでもなく、1コマ2万円と作業料1万6千円(だったはず)とのこと。
ただ他に不具合有れば見積もりに載ってくるとのことで、「じゃあやめた」となると見積料1万6千円とのこと。

届いたばかりで半年使えないのも嫌なのと、万一ムーブがおかしいということで作業拒否だと困るので電池交換だけして使うことにした。

パテックの修理もやってる時計屋に予約を入れて会社の帰りに寄る。
作業が終わり、値段を聞いてビックリ。1万7千280円!!!
防水試験ついてるけど驚きの値段だ。正規と同じ。まあ仕方ない。
防水はしっかり効いてたようで驚かれる。

一安心ということで腕にはめ帰途につくが何かおかしい。
動いてない!!!
高い値段で回路チェックしてないのか?
いくらなんでもそれはないだろう。認定店だから。

ということは、ムーブに不具合来してる?
オーバーホール必須コースか?
コマ足しいれて20万覚悟しないといかんのか?
ガーン😨

家に着いたらチェックするっきゃあんまい。
リューズは強く引っ張れば取れると聞いたので、今回の電池交換の成果は分解の仕方の授業料ということか。。。

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0