失敗オーバーホール~こんなところに任せてはいけない

Category: 時計
時計を長く使おうと思うと避けて通れないのがオーバーホール。

たまにオーバーホールがらみでトラブルになる事例を見聞きする。

で、俺も一個やられちまったわけだが。
時計自体がダメになるほど深刻じゃないけど気分が悪い。

失敗した個体は1803のうちの一つ。
メーカーメンテ受け付けてる機械なので素直に日ロレに出せばいいのだが、ベゼルや文字盤が社外品で、その状態が気に入ってるのでそのままやってくれるところに出すことにした。

ホームページではちゃんとやってそうだし価格もフル研磨も込みで悪くないし日曜にやってて遠くなかったので、ジュエルセレクト貴功堂というところにしたのが大失敗だった。

時は3年ほど前。

まず持ち込んで値段を見積もってもらったら古い個体は割増し料金だと。
今から思えば「古い」の定義もどうなんだか怪しいところだな。恐らく適当なんだろう。
ここで止めとけば良かったのだが、そのまま帰るのも面倒だし、作業はちゃんとやりそうかなと思って任せた。

それから数日後、針を削り過ぎて平らになっちゃったけど、いいよね?的なメール。

は?バカか?ロレは針まで気を遣ってるかいいんじゃねーか。
何考えてるんだ?

また、その間の言い訳もすごい。
時計の知識もあまりないみたい。

結局自分ところではできないというかやってないんで外に出してて、影響力が低いのかやっちまった職人をかばう言動に終始。
ただの取次だったのかよ。自分のところでやってるような広告しないでくれ。

で、普通は、開口一番やらかしちまいましたので針は弁償しますっちゅうのがセオリーだと思うのだが上記のような感じで、なかなかその当たり前の一言が出ない。

やっと必須の一言が出たのだがジェネリックだと。まぁ仕方ない。

長い事かかってやっと上がって来て取りに言ったらケースが研磨されてない。
は?
研磨込みだろう?

そしたら金無垢は難しいんでやってませんだと。おいおい。そんなこと一言もいわれてないし、ホームページに書かれてなかったぞ。

さらに文字盤には埃が。下請けに出してるんだったら上がってきたらちゃんと検品しろよな。
ということで後日の受け取り。さすがに再度取りに行くのではなく届けられたが。

そんなこんなで俺的には最悪なオーバーホールだったわけだが、その後の時計自体の動作は良かったので不幸な事故にあったくらいに思っていた。

そしたら3年後の今日ワインダーにかけてるのに時計が止まってるのに気づいた。

ワインダーが止まってたのか?たまにあるので、時計を取り出しリューズを巻いてみると動くがすぐ止まる。
ゼンマイ巻けてない?

時計を振ると、その直後は2~3秒動く。
それを繰り返してると動くようになったので時間を合わせようと竜頭を引いたらポロリ。。。。orz

何なんだよ!
で、オーバーホール時の糞経緯を思い出したってわけ。

教訓
・ジュエルセレクト貴功堂には時計を任せちゃいけない
・下請けに出してるだけのオーバーホール屋は店舗があっても無責任な店もあるので要注意
以上

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0